banner

オールドドメインを取得

オールドドメインを取得するメリットと相場の関係とは

ドメインとはメールアドレスやホームページのアドレスのようなもので、この名前は世界に一つしかなく、特定のサイトを示します。メールの場合はアットマークのあとに使われているものです。

オールドドメインとは古くから使用されてきたドメインが、さまざまな理由で使用されなくなった状態のものをいいます。ただし過去運営履歴が存在していたホームページのドメインのことを指しますので、一度も公開されることがなかったものはオールドドメインとは呼びません。

オールドドメインのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。その一つとして、もしすでに使わなくなってしまったサイトのドメイン名であったとしても、実際にはブックマークをして見ようとアクセスしている人がいたり、運営年数が長いために、過去からの他のブログやホームページから紹介リンクをもらっているドメインが存在します。

こういったリンクがすでに多数ある場合、SEO対策の一つとして、このオールドドメインの活用が有効とされています。
長い年月をかけて運営されてきた歴史や履歴があると、それに応じて様々なホームページからリンクが張られていたり、Facebook等のSNSで幅広く紹介されているオールドドメインなどの場合は、特にSEOの効果が高いと言われています。

具体的な評価として、Googleなどの検索エンジンのなるべくトップに表示されるためのメリットがあります。ドメインには年齢があります。5年前に初めてサイトが公開されたドメインの場合、そのドメインの年齢は5歳です。このドメインの運営年数の長さはGoogleでは高く評価される場合があり、したがって新規で取得したドメインに対して最初から運営年数に対してプラスの評価が充てられていると考えられます。

また、長年運営されているサイトは他のサイトなどからのリンクが多いことが考えられます。こういった他のサイトからのリンクの多さも評価を高めますので、取得するメリットが高まります。

これらは、ドメインを管理している会社から購入して取得することになりますが、その相場はとても幅が広いものとなっています。元々人気のあるサイトで、年齢が長く被リンクの多いものはそれだけ相場は高くなります。また文字数が少なく、覚えやすいドメインも評価が高まるためやはりその相場も上がります。

また流行した言葉などにマッチした場合はその相場も上がる傾向がありますが、質の良いオールドドメインはそれだけでもアクセス数がアップすると言われていますので、こういったドメインを購入するメリットはとても高いものなのでぜひ利用したいものです。

Copyright(c) 2015 オールドドメインの使用是非を考えるAll Rights Reserved.