banner

ドロップキャッチする

中古ドメインをドロップキャッチするときのポイント

インターネットのドメインには魅力的な文字の組み合わせた、非常に影響力のあるドメインというものが存在していますが、そうしたドメインのほとんどは既に誰かに取得されていたり、使用済みであったりすることが多いため、所有したくても難しいのが現状です。しかし、さまざまな理由によって所有者がドメインを手放していることがあり、自分が欲しいドメインとは言わないまでも、こうした中古ドメインから選んでいくのもおすすめです。

それではどうやってこうした使える中古ドメインを見つけていけばいいのでしょうか。一番簡単な方法は中古ドメインの業者のサイトを定期的にチェックしていくことです。SNSやメルマガで情報を配信している業者もありますので、こうした情報に目を向けておくことも重要となります。

なぜ、これほど注意して情報をチェックしていかなければならないかと言いますと、業者が販売している中古ドメインは企業の厳しい審査をくぐり抜けてきた信頼性の高いドメインばかりなので、ネット上に影響力があるドメインであればあるほど人気があり、すぐに売り手がついてしまうためです。また、転売業者に中にはドロップキャッチによって人気のあるドメインを取得していることもあります。ドメインの契約更新がおこなわれなかった場合、すぐに所有権が放棄されるわけではありません。所有者はURLとして使用することはできないのですが、一定期間の更新猶予がありますので、この期間に更新手続きをすれば使い続けることができるため、所有者以外の人が登録することはできないことになっています。しかし、猶予期間を過ぎさえすれば元の所有者以外でも登録することができようになります。ドメインの所有は早い者勝ちになっていることもあり、再登録可能となった中古ドメインを誰よりも早く取得する必要があり、これをドロップキャッチといいます。そのため、ドロップキャッチを成功させるために回線を高速化させて取得しやすいようにしている業者もいるようです。

ドロップキャッチは個人よりも企業のほうが取得しやすいと言われていますので、影響力のある中古ドメインを所有したいのであれば、やはりドメイン転売業者から探していくのが効率的です。また、業者から購入するにしても購入には当然早い者勝ちになってきます。中古ドメインは毎日新しいドメインが登場してきますので、最新の情報を逃さないためにもしっかりと情報をチェックしていくことが欲しいドメインを取得するポイントとなるわけです。

Copyright(c) 2015 オールドドメインの使用是非を考えるAll Rights Reserved.